8/31/2011

親子

いつもミルウのプラッキングをお願いしているdogoldさんのブログ。
ママのクルトン(右)と一緒にのせていただきました。

http://ameblo.jp/doghairartist/day-20110811.html






















dogoldさんは移動型のグルーミングサロンということで
お店の前まで来てもらえるので、移動も無く安心してお任せできます。
とても親切に対応してもらい、体調のことやゴハンのことなど
いろいろなことを教えていただいてます。

dogold
http://ameblo.jp/doghairartist/day-20100809.html


8/29/2011

PARIS

10日からのパリ出張。
ホテルを予約しないといけないんですが
年に2度ほど行くパリで、今までホテルに宿泊したことがなく
どのホテルが良いのかがまったく分かりません。

もちろんリッツなどの一流ホテルが良いは分かっているのですが
仕事で行くのにそんなホテルに滞在するわけにはいきません。

場所で選ぶのか、料金で選ぶのか、といっても
いつも決まった場所に行き半日しか滞在したことないので
今回4泊と決まって、全てが右往左往な状態です。

朝食が美味しくて、ゆっくりできるところがいいんですが
どうでしょうか。
いろいろな予約サイトを見比べてるんですが、今のところピンとくる
ところが見つかりません。


パリのビストロで食事をしたいと思うと、下のようなメニューに挫けそうに
なりますが、構わずビーフステーキを頼みます。
たいていの場合美味しいですし、必ずフライドポテトが大量に付いてくる
ので、ビールでも飲みながら夜まったりと過ごすのにもうってつけです。

実際、メニュー板のどれがビーフかも分からいですよね。
店の子に「ビーフステーキ、シルブプレ」という以外に手はありません。


8/28/2011

Milou

車で一緒に出掛けました。
なぜだか、車に乗ると急におとなしくなります。



















たまに脇見、おじさんが気になったようです。

8/23/2011

ふんばろう東日本プロジェクト

既に有名なサイトですし、ご存じの方も多いかと思いますが
当社も、倉庫にある在庫で何かお役にたてるものがあれば
と思って登録をしていたのですが。

震災後間もなくは、何度か担当の方からご連絡をいただき
避難所などに少しですが物資を送らせていただいていました。

東京ではほぼ生活も元に戻り
おそらく被災地の方々も大変ながらも少しづつ日常を取り戻し
たためか、最近連絡をいただくこともありませんでした。

昨日、久しぶりに連絡をいただき、在庫にある物へのお問い
合わせをいただいた際に、送り先の情報を見てみる機会が
ありました。

電気、水道は来てはいますが、車も流されスーパーも遠く
身動きの取れない方などが数多くいて、日常品を援助物資
に頼らざる得なず生活している方々がいまだ多くいることを
知りました。

連絡をいただいた送り先の住所は石巻だったり大船渡だったり
報道で良く耳にする地名なのですが、ネットのマップで検索して
みるとその住所の場所があまりに僻地で何もない場所なことが
分かります。

もし何かのお役にたてることがあればと思いリンクしておきます。
これからまた寒い季節が近づいていて、みなさんストーブや
ヒーター、毛布が足りないことに不安を感じていらっしゃる方が
多くいるようです。

http://fumbaro.org/

















8/21/2011

Milou

ミルウの小さい時から。
寝てたり、遊んでたり。

こうして並べてみると、ミルウも大人になりました。

赤ちゃんの頃の写真は岡本さん(ミルウの実家)のご提供です。






仕事のこと

お盆が明けた最初の日曜日。

雨も手伝って人もまばらなので、久しぶりにブログらしいことでも
書いてみようかと思う。

というのも、昨日のおちまさとさんのブログを読んで
自分の子供のころはどうだったかと思い出してみると、様々なことが
浮かんできたからだ。
http://ameblo.jp/ochimasato/day-20110820.html

最近まわりで、仕事のことだったり、人生のことだったりの悩みを
相談されることなどもあって、自分自身のことを考えるのにもいい機会
なのかもしれないとも思ったのだが。

おちさんのブログで決定的に印象に残ったのは
何になるのか(どうするのか)、決めていた、ということだ。

そして子供のころからその為にいろいろなことをそんな視点から
おぼえてきたと言う。


自分の仕事と子供のころからのことを重ね合わせてみた時
今までのブログでも何度も書いてきたことだけれど、海外への憧れ
というものが常にあったことは確かだ。

これは父に感謝しているのだが、エンジニア系だった父の書棚には
子供が興味を持って見られる本がほとんどなく、唯一眺められるような
本は、世界中の景色や風景を集めた本で、都市や地域ごとに10巻位
あったかと思う。

父がなぜそんな本を持っていたのかの理由は全く定かではないが
というのも、何年か前に亡くなるまで父は旅行好きだったにも関わらず
それは全て国内で、一度も海外には行かなかった。
経済的にも時間的にも余裕はあったと思うのだが。

話がそれたが、子供の頃にその本を何度も何度も繰り返し、とにかく
穴があくほどに好きだったことは、今でも各ページの写真が脳裏に
刻み込まれていることから簡単に想像が出来る。

全てがそこから始まったと言ってもいいかもしれない。

大学生になった時に、自由な時間とアルバイトで稼いだお金を得て
からは、夏休みと冬休みのほとんどの時間を旅に費やすことが出来た。
運よく、その当時から円高が進み、格安航空券なるものが出始めた
時代で、旅がどんどん簡単にできるようにもなっていった。

単純に旅を楽しみたかっただけで、海外に暮らしたいとか外国語を
憶えたいと思ったことがないのも不思議なことで、逆に日本にいて
様々な場所へ出掛けやすい環境の方が自分にとっては合っていた。

それから選んだ仕事が輸入雑貨店だったというのは縁としか考え
られない。

実は、もともとは仕事を趣味や旅と結び付けて選んだことはなく
大学を卒業後に選んだのは大手証券会社、そしてその後はインテリア
の設計事務所に転職したくらいだ。

それが自分の希望とは異なり、その会社の小売部門へ転属され。
数年後に独立して自分の店を出すきっかけとなるのだから、縁とは
ほんとうに不思議なものだ。

特に人以上に努力をする性格でもないが、その時の上司が
こう言っては何だが、最高の知識を持った最高の師であったが、それ
以上のお店のことを全くしない人だった。
外から来た、そして内装の現場仕事で職人衆から仕事を教えられた
人間にとっては信じられない状況だった。
そして、掃除の一つから仕入れなどまでを、やらざる得ない羽目に
なった。前任者が引き継ぎもなく辞めていたため、全て一から作らざる
も得なかった。

人生には努力をしても得られなかったものも多いが、子供の頃に
思った想いには何かに引っ張られるように向かってきた気がする。
そんなことを、思い出した。
その際、無理に流れに逆らわないなようにしてきたのも良かった
のかもしれない。

実は、子供の頃あと一つしたいと決めていたことがあるのだが
そちらは今のところ全くもって縁がなさそうである。
いつか何か起きることを期待はしているのだが。

当時のアイドルにはまっていて、彼女と結婚するのが夢だと
言っていた友人がいたが、彼の夢もきっと縁はないだろうと思う。
でもきっと、人には言っていないことがあって、そちらで縁があるの
かもしれない。というのも、自分も当時一度も周りの友人に海外に
旅に行きたいなどと語ったことはないのだから。
















Jan Sevadjian Design

フォトアルバムが再入荷しました。
定番の人気柄が全て揃いました。

今週は再入荷ラッシュですが、昨日LAの倉庫からもう12パッキンの
発送をしたとの連絡ありなので、まだまだ続きそうです。




8/20/2011

キッチンタオル

再入荷いたしました。
新柄も何種類かあります。
欠品中はご迷惑をお掛けいたしました。


8/10/2011

Stevie Streck Designs

Stevie Streck Designs
のグリーティングカード、始めて1年が経ちましたが
たくさんのお客様に選んでいただき、ようやく定番商品としてお店でも
定着してきました。

最近では、銀座三越さんをはじめとして全国で扱っていただくお店様も
増えましたので、目にしていただく機会もあるかと思います。
(当社がが輸入代理店で日本での卸をしています)

イラストのグリーティングカードはいろいろなものがありますが
彼女の描くイラストはセンスも良く、エレガントで上品な雰囲気は
差上げた方からもとても喜んでいただけるようです。

現在、30種類ほどを扱っていますが
どちらも人気で、今後種類も増やしていく予定です。