11/30/2009

NEW ITEM

オランダ製のグラスマーカー
PartyPeople(パーティーピープル)。
シリコン製で裏面に吸盤が付いていてグラスに吸着させます。
くっつき感とはがす時のピトッっていう感じが。。。いいです。
異星人のデザインで12個入りで¥1,260-(税込)。

11/29/2009

PARIS

パリでは1日、アンティークやヴィンテージの家具・小物を買い付け。
時間がないので、お昼御飯も食べずに周り続けました。
夕方になってようやく簡単な食事にありつきました。
フランスのカフェでは定番のミートボール。
美味しい!ですよ。
サンゴは欲しいんですが、輸送が無理なのと
ワシントン条約に引っかかり手続きが面倒なので
いつも諦めています。
家具を買ったディーラーのところで1個くれると言われたのですが
熟考のすえ、やっぱり今回も諦めることに。
11時にパリに到着後、仕事にすぐに向かい
パリに住む知人に30分だけ会い
19時発のユーロスターでロンドンに戻ります。
帰りはファーストクラスを予約してあったのでディナー付き。
時差もあり、遅い時間にロンドンに着くので助かります。
メインが運ばれてきていませんが、子羊をオーダーしました。
付いてくるのはドレッシングではなくオリーブオイルです。
今回の買い付けでは、お客様に頼まれた家具の買い付けも
あったので、全くプライベートな時間がとれませんでした。
移動時間も、買い付けたアイテムのリストや詳細を製作して
過ごしました。久しぶりに、きつい出張でした。
*実は4日から(よ)が買い付けの続きでパリへ行きます。
*
もうすぐブログのカウンターが55555になります。

11/27/2009

ロンドンからパリへ

これで3度目のユーロスターでのパリ往復です。
今回も日曜日なのでロンドンの地下鉄は早朝で動いていませんが
あわてることもなくタクシーで。
7時前のセント・パンクラス駅の様子です。
何度来てもこの駅は美しいなあと思います。
*
この駅は美しいので有名なんですがもうひとつ有名なのが
シャンパンバーです。
早朝なのでまだオープンしていませんでしたが、カウンターの
ストックを見ることが出来ました。
ドンぺリのビンテージやクリスタルなど。。。勢ぞろいしています。
セントパンクラス駅は現在では内部はモダンに
改装されていますが、駅舎自体はとても古い建物です。
セント・パンクラス駅
開業したのは1868年ですが、この台座が据えられたのは

1867年なのだと思われます。
*
セント・パンクラス駅を出て、パリへ向かいます。
遠くに駅舎が見えます。
途中はずっと続く田園地帯を一直線に進みます。
ロンドンはあまり天気が良くなかったのですが、フランスに

入り、だんだん晴れ間が見えてきました。
ロンドンの街の中心から、パリの街の中心へ到着するので空港
までの時間や荷物検査の時間などを考えるとユーロスターの
が時間も節約もでき旅もとても快適です。
*
ロンドンを速い時間に出る場合や週末の場合だけは地下鉄が
動いていなかったり、駅が工事中で利用できなかったりするので
それだけは注意が必要です。
*
ロンドンからパリへ向かう場合は荷物検査(空港よりとても速い)
の後、イギリスの出国、フランスの入国の手続きを済ませます。
荷物の受け取りもないので、到着後はすぐに外へ出られます。
*
ロンドンからパリへはわずか2時間です。
今回も日帰りでしたが、仕事をするには十分な時間を取れました。
大きな荷物はロンドンのホテルに置いたままなので、軽装で済み
パリでの身動きも楽でした。
ロンドンもしくはパリへ行かれる場合は是非日帰りで他方へ
行ってみてはいかがでしょうか?
値段もとてもリーズナブルです。
*

11/25/2009

ロンドン

今年、3回目のロンドン。
去年の一時期は、景気の悪さを感じさせた
時もあったのですが。
この時期はどこに行っても、人、人、人でした。
今回は仕事が忙しくて、ほとんど街を歩くことが
出来ませんでしたが。。。
夜、ちょっとだけ時間があった時に。。。
ロンドンでもクリスマスイルミネーションが始まっています。
*

11/24/2009

ウィーン

1年半ぶりのウィーン。
前回は夏で、ユーロの前で街にとても活気がありました
今回は冬ということもあって、観光客はまばらで少し静かな様子でした。
*
ウィーンの街はトラム(路面電車)を利用すればほとんどの場所に行く
ことが出来、1日券(地下鉄+トラム+バス)を手に入れれば移動には
困りません。
観光スポットの集中する中心地だけなら、歩いても全て周れます。
古いタイプの路面電車 ↓
路面電車の中の様子。
古いタイプは木の椅子です。
乗っても乗車券のチェックなどはありませんが、チケットは
ちゃんと持っていて下さい。
一度も出会ったことはないですが、たまに抜き打ちでチェック
がありその時に持っていないとすごい金額の罰金を払わなけ
ればなりません。
下は街中の様子。
仕入れの仕事が終わった後で街中のアンティークショップを
見て周りました。ヨーロッパの街ではだいたいどこもそうした
ショップが連なる通りがあります。
次はウィーンでの食事の様子をご紹介します。
一人で出張に来ると食事をするのが意外に厄介なことです。
レストランに一人で入るわけにもいきませんし。。。
ウィーンもパリのようにカフェが街中にたくさんあるのでいいのですが
さっと、気軽に食べたい時は下のようなビュッフェがあると簡単に
済ませられます。地元の人も多くなんとなくそんな様子も楽しめます。
ここは、シーフードの専門店。サンドイッチや定食が食べられます。
ウィーンの街中に多いのがホットドッグのスタンド。
といってもニューヨークのようなリヤカータイプではなく、写真のような
きれいなスタンドです。
どこも込んでいて、ほとんどの人がHOTDOGをオーダーしてます。
味もボリュームも申し分なしなので是非。
そして、夜は名物のカツがあると言うので。。。
一人でチャレンジしました。
でか過ぎです。
残したかったけれど、男は残すなというお店の方針に
従って無理無理押し込みました。
美味しいんだけど。。。半分でいいです。
お腹もいっぱいになったので、夕焼けを見るために教会の塔に
登ってみました。長く細く暗い階段を息を切らして数百段登って
上にたどり着くと。。。
ウィーンの街が一望できます。
でも、なぜか周りは女の子だらけ。
ここから夕焼けを見ると想いでも通じる場所なのか
一人で来てる子も何人かいました。
下から見た、尖塔です。
窓のあるところまで、登ってきました。
夜は綺麗にライトアップされています。
街の中はクリスマスイルミネーションが始まっていて
たくさんの人で賑わっていました。
ヨーロッパのクリスマスはどの街もロマンチックな雰囲気に
包まれています。
是非、これからの季節訪れてみてください。素敵です。
こうしてみると、一日仕事をしてないように思えますが
朝から午後まではとんでもなく真剣に仕事をしました。
もうすぐ届くアイテムを見ていただければ。。。


11/22/2009

東京→ロンドン経由→ウィーン




しばらくは、先週の出張の様子をお伝えします。先ずは初日の様子です。朝、早い便での出発。いつものように出発前にカフェオレを一杯飲みながら。。この時間が一番楽しい時です。




なぜか、出発はいつも雨です。



11時間後、乗り継ぎ地のロンドンに着きました。ターミナルを移動して14時50分。ウィーン行きは18時50分発のためここで4時間も過ごさなければなりませんでした。ターミナル内を一周してとりあえずカフェで休憩した後、イギリスということで1人ですが、パブに入ってビールを飲むことに。。。



ようやく搭乗となりました。真っ暗ななかタラップで。これから約2時間のフライトです。この時点で成田を出て17時間がたちました。


成田を出て20時間。ウィーンに到着。22時すぎです。これから荷物を受け取りTAXIで市内のホテルへ向かいます。周りはドイツ語で何も分かりません。タクシーに乗ったときに、ホテル名を告げると、タクシーの運転手が不安な一言「OK!ゴーストホテルね」っていう感じ。どうやら幽霊が出るので有名なホテルらしいです。でもそれ目当てで泊まるのも悪くないと思いつつ、ホテルへ向かいました。その後。。。のことはまた後日お話しますが、ほんとうに出るんですよ。。。
ホテルにチェックイン後、夜中の街に出てみましたが、あまりの寒さにびっくりでした。歩いている人もほとんどいませんでした。成田を出て20時間以上、ながーい一日でした。

11/20/2009

ロブマイヤー

アンティーク
1917年製
デザインはヨーゼフ・ホフマン

おそらく、2度と手にすることの出来ない貴重なアイテムです。
今回、ウィーンにて仕入れました。
ただ、既に御売約となっています。。。






















11/18/2009

今回は

オーストリアの首都ウィーンとイギリスのロンドン、そしてフランスのパリの
3都市を4日間で周り買い付けをしてきました。
ロンドンとパリは、年に何度も行きますし、ウィーンも3度目なので慣れて
いる街なので、仕事で行く場所はほとんど決まっていることもあり時間は
短くても問題なく買い付けを進めることが出来ました。
少し時間が出来たので、ほんの少しですが観光もしました。
下記、今回の買い付けの日程です。
*
11日AM東京発→11日深夜23:30にウィーン着
12日ウィーン 買い付け
13日AMウィーン発→PMロンドン着 買い付け
14日ロンドン 買い付け
15日早朝ロンドン発→昼パリ着 買い付け 夜パリ発→深夜ロンドン着
16日AMロンドン発
17日AM東京着 
*

























上はウィーンのヴェルデヴェールの庭園、宮殿はクリムトや
エゴン・シ―レなどの代表作が数多く所蔵されている美術館です。
ウィーンの街中はクリスマスイルミネーションのライティングが
始まっていていますし他にもたくさんの見どころがあります。
*
*

本日

戻りました。
明日から、買い付けてきたもの、出張の様子をUPしていきます。


11/12/2009

23:30

ようやく到着です。

そして

お腹もすいたことですし、目的地には、深夜に着く予定なので、空港内のパブに入ってみました。
1パイントのビールとバーガーをオーダー。
実は周りは、おやじだらけ。。。
そう、ロンドンで乗継中です。
最近は一人でバブに入れるようになりました。
ただ、ここのバーガー、とんでもなく美味しくないです。

こんな場所に。
乗継中です。
目的地まではまだ数時間掛かります。

11/10/2009

お知らせ

都合により、11月11日~17日までブログの更新が出来ません。
申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。


再入荷

イタリア・CAMPOのボールペン各種、再入荷しています。


11/09/2009

JOHN DERIAN

NEW YORKのデコパージュ作家、JOHN DERIANのガラストレイや
ペーパーウェイトが入荷しました。
日本でも、とても知名度が高くなって、お問い合わせも多くいただいて
いました。彼の作品には独特の世界観があります。
1点1点、直筆のサインが入っています。
*





11/08/2009

もうすぐ

お店のある骨董通りも何軒か今工事中です。
最初は、何が出来るのか分からなかったのが、OPEN間近になって
どんなお店になるのか分かってきました。
こちらは『ヴァルカナイズ』、カフェも併設されるようです。
向かいにある旧店から移転?ということでしょうか。

こちらは、当店の斜め向かい側で工事中のフェラーリのお店。
もうすぐ、オープンて感じです。
オープンの時はフェラーリの大群で通りがいっぱいになる?かも。
今日なども、関係者の方々はやはりフェラーリで視察に来てます。
レセプションの時が楽しみです。
*
*
追記
上の、ヴァルカナイズはやっぱり今の店舗からの移転。
フェラーリのお店はカリフォルニアのショールームでした。
やっぱり、本日(11月9日)朝からフェラーリオーナーのかた
たくさん来ていて、ここの前はフェラーリだらけです。
*

11/06/2009

お知らせ

11月7日(土曜日)はお店はお休みとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

フィレンツェ

イタリア・SOLDI社のコースター・トレイ各種、再入荷しました。
コースターは人気で、もうすでに数がかなり減っています。
完売の際はご了承をお願いします。