4/30/2009

夕焼けの怖い写真

何日か前なのですが
東京中が真っ赤に染まるほどきれいな夕焼けの日に
郊外から都心へ向かう途中、車の中から
これはきれいだ!と思って携帯で写真を撮ってみたら。。。
*
思いっきりな手ぶれで
東京が核攻撃でも受けて燃えているような大惨事の写真になって
しまいました。。。怖い写真です。
最近、都心は気温が低めで乾燥していて
夕方になるとまるで、ロサンゼルスにいると勘違いしそうな気候の
日が続いています。
*
以前にも感じたのですが、これは環境がおかしくなっている為なのか
たまたまこんな天気なのか我々自身にまったく判断が
出来なくなっていることが、最も危険なことのように思われます。
*
とりあえず、自分たちの住む場所が
いいほうに変化している分には歓迎すべきなのでしょうか?
*
*

0-0 1-0

2月にロンドンに行った時にハロッズのサッカーショップには
総スワロフスキー張りのものがありましたが
男的には下のようなシンプルな物の方に惹かれます。
*
ネットを徘徊していて見つけたアイテムです。


今朝はチャンピオンズリーグの準決勝の第1戦があったため
サッカー好きな人はみんな寝不足ではないでしょうか。
*
ここまで来ると、どちらも負けたくないという意識の方が
強いのか、あれだけのメンバーをそろえたチームにもかかわらず
どう評価していいのか難しい試合でした。
*
次はそんなわけには行かないでしょう。
期待しています。
*
*
*

4/28/2009

フランスからやって来た家具

昨日は朝から大井埠頭へ荷物の引き取りに行ってきました。
2月の末にフランスで買い付けた家具です。
日本まで約2ヶ月間掛かりました。
*
厳重な木箱を大変な作業で開梱しました。
昨日、お店の前でその作業に遭遇された方はびっくりだったと
思いますが、ハンマーとバールで何かを作っていたわけではなく
箱を解体していました。
*
そんな長く大変な時を経て入荷したのが下の家具たちです。
*

スチール製のメディカルテーブル。
元々は薬剤等を載せておく作業テーブルだったと思われます。
白い天板はガラス製です。
*
キッチンなどで調味料などを並べて使うのにぴったりなサイズ。
この手のインダストリアルな家具でこの大きさの物は
ヨーロッパでも人気なのでなかなか手に入りません。
*
*


こちらはスチール製のアンティークの洗面テーブルです。
このままドレッサーとして使いたい、コンパクトなサイズのテーブルです。
*
仕入れた時は、ホーローの洗面器をどけてガラスか木で天板を
作ってデスクに使用かとも思いましたが
お店に置いて見てみたら、このままのほうが断然いいので
そのままで販売することにしました。
*
お店でディスプレイとして残しておこうかとも思いましたが
絶対に気に入ってくれる方がいると思いプライスをつけました。
*
*
小物も何点か一緒に入荷していますが
そちらはまだ時間が無くて店頭に出せてはいませんが
数日中にはご紹介いたします。
*

アンティークのプリント

イギリスやフランスで仕入れて寝かせてあった
アンティークのプリントを額装してみました。
*


*
上の2つのプリントは100年以上前のフランスの建築の
書籍からのプリントです。
*
下も1928年のイギリスのものですが
作者自身の直筆の絵も入っています。
*
*

4/25/2009

黒い壁

カウンターの上にあったヴィンテージのムラノの
シャンデリアが無事納品され、その場所に他の照明を
移しました。
*
*
この場所は周りの壁の色が黒なので照明器具がきれいに映えます。
*
こちらのシャンデリアはロンドンで買付けた1960年代のものです。
*
*
実は、来月もロンドンに買い付けに行くかどうかを現在検討中です。
ヴィンテージの照明器具を探しているお客さまとも商談中で
近日中にはどうするのか決めたいと思っています。
*
またロンドンにということで....
お客様からも、なぜロンドンにそんなに行くのかと良く聞かれる
のですが...ロンドンに恋人がいるわけではありません。
*
一番の理由はやはり景気がいい所に、良いものが集まるということです。
それに、1年前と比べればまだまだ円高で、安く良い物が
手に入ります。
*
もちろん年齢も40代になって、自分の感覚に
マッチした物を見たり、購入したりということにはとても興味があります。
*
他の街に興味がないわけではないのですが
たまたま、こうして一つの場所に行く機会に恵まれるということは
何かしら自分にとってその場所とのつながりを感じます。
*
*
*

フランスからの荷物

今日は、大井埠頭に朝から行って来ました。
フランスで買付をした荷物が港に入ったと連絡があった為です。
*
先ずは税関に。
申告をして、関税、消費税を納めないと荷物を船会社から
受け取ることが出来ません。
*
*
こちらの職員の方々はとてもいい人が多いので
分からないことや不備があっても助けていただけます。
なじみのない書類ばかりなので大いに助かります。
*
どうにか税関での手続きは終了しました。
*
このまま、D/Oと税関の書類があれば荷物の受け取りが出来るのですが
今回は大きな荷物なので、車の手配が必要な為
荷物のPICK UPは月曜日にすることに。
その旨を船会社に連絡しました。
*
こうした作業は、船会社でも代行してしてくれるものですが
少しでもコストを掛けずに、と思って自分でやっています。。。
*
慣れない仕事なので結構大変ですが
頑張ります。
*
*

4/23/2009

trademarkstudios 入荷

ニューヨークのトレードマークステューディオス社の
シルバー製のピンズのシリーズが入荷しました。
*
新商品+人気アイテムの再入荷です。
*
NEW ITEM
エンジンのピンズ。車好きの為に。
*
*
NEW ITEM
テニスラケットのピンズ。ボールはパールです。
*
*
再入荷
ワイングラスのピンズ。ワインが好きな方なら喜んでくれるはずです。
前回、入荷した時はすぐに完売してしまいました。
*
*
再入荷
マティーニのピンズ。お酒が好きな方に。。。
*
*
こちらも再入荷です。
シャンパングラスのピンズ。ゴールドの泡が未来を表しています。
*
*
再入荷
ゴルフのピンズ。ゴルフが好きなあの人に。
*
*
*

4/21/2009

ニューポートビーチ

(よ)がカリフォルニアから昨日戻りました。
*
買い付けの写真をUPしようと思ったのですが、そんな様子の
写真が全くありませんでした。
オレンジカウンティのちょっと南のニューポートビーチの
バルボアアイランドというところに滞在したらしいのですが
その近隣の写真しかありません。
*
詳しくはわからないのですが、あちらに住む妹夫婦の知人の別荘があり
そちらに滞在したとのこと。
*
バルボア・アイランドって初めて聞く地名で知らなかったのですが
かなりの高級住宅地のようです。
*
海の入り江のようなところの島に、ハーバーを囲むように住宅が
並んでいます。
*
街の中。
なぜかUSC(南カリフォルニア大)の赤茶のフラッグが多いです。
アメフトの試合か出身者の宇宙飛行士がフライト中?
*
USCは西海岸屈指の名門校です。
そこの出身者に人気の街なのでしょうか。。。
大学のフラッグが出てる街ってアメリカならではです。
*
どんな場所なのか
グーグルアースで見てみました。
真ん中の島のようなところとその下のビーチのある島がバルボア・アイランドです。

*
ということで、旅の雰囲気を伝える写真がなくて
すいません。
ちゃんと仕入の仕事もしてきたらしいので、そちらは仕入れたアイテムを
追々ご紹介してお知らせいたします。
*
*
*

4/20/2009

欲しい!!

ネットを徘徊していて見つけたネタ。
*
欲しいです。是非!

コンセプトデザインとのことですが
想像通り、磁力で浮きます。
実現可?でしょうか。同時に肩こりも治りそう。
*
ふわふわしたいです。
*
*

西へ向かって

最果ての地とは、ただ遠いだけではなくて
それ以外に目的がなく、着いた時になぜこんな所に来たんだろうと
とても不安になって、一刻も早くその場を去りたくなり
何の思い出も残らない場所、でなくてはと思っています。
*
そんな想いで向かったことのある場所の中で
そのイメージに近かったのが
スペインの南の端のジブラルタル。
陸路、モロッコへ向かう人々にとってはただの通過点でしかないこの街も
ここを目的地とした時には、不思議と最果てを感じさせる街です。
上の写真の風景。
*
下はポルトガルの西の端のサン・ビセンテ岬。
以前、会社の社員旅行で社員が西の端を見たくて1人で行った場所です。
*
*
*

4/18/2009

物との出会い

この仕事をしていると、本当にたくさんのものと
出会う機会に恵まれています。
*
それでも、何年も出会わない物があったり
買わなかったが為にその後何年も後悔しているものもあります。
*
下は1960年代のアメリカの雑誌広告。
このグラス、とても欲しいんですが出合ったことがありません。
探すにしても、どこのメーカーなのかもわからないので
偶然を待つしかありません。もしかしたら一生出会わないのかも。
でも、きっといつか手にする日が来ると信じています。
*
こうした、無名(もしかしたら有名なのかもしれませんが)の
アイテムに無性に惹かれることがよくあります。
*
*
買わずに後悔している物といえば
7、8年前にニューヨークのギャラリーで目にした
フランク・ロイド・ライトのパース。
コピーやプリントではなく本人による本物のパース画でした。
2枚あり、1枚が数千ドル。
今から思えば、悩むこともなく買っておくべきだったのですが....
*
ミートマーケットにあったそのギャラリーの
オーナーはフランク・ロイド・ライトのコレクターとして有名な方でした。
その氏はその後すぐに体調の悪化を理由にギャラリーを閉じ
1年ほど後には亡くなったというニュースを耳にしました。
*
彼の遺品ともなり得たそのコレクションを
購入しなかったことを後悔しない日はありません。
*
*
*

4/17/2009

寒ーいー

なんてことなのか今日は暖房を入れています。
*
寒いです。
今週は1人なので、まずいのですが
鼻水は出るし、くしゃみは出るし...週末に向けてちょっと...です。
(その後快方に向かい、週末も頑張っております)
*
*
*
寒いこともあって今日はそんなに忙しくもなく
ちょっと前のインテリア誌などを整理していました。
*
そんな中から参考になりそうな物をピックアップしてみました。
いろいろな物のミックスの仕方がとても上手いです。
レトロモダンな家具を中心に小物やオブジェ、アートまで具合を
心得たセンスです。
こうした部屋にどうしたらなりますか?と言われても
なかなか出来る物ではありません。長い時間をかけていいものを
一つ一つ集めることが必要です。しかもその長い時間の間
自分がぶれないことも必要です。
我々にとってそのぶれないということがなかなか難しいことです。
すぐに目移りしてしまいがちでは、部屋の中が
とんでもないことになります
*
*
下のように、フレームをたくさん飾ってあるのは
海外のインテリア誌によく紹介されていますが、これもいざ自宅で
なると、とてもバランスが難しいです。
小さなフレームをたくさん集めても、その中に入れるアート作品や
センスのいい写真がなかなかありません。
これもやっぱり、普段からお気に入りの写真などを
コレクションしておかないといけません。
海外に出かけても、こうした写真やアートはどこで手に入れられるのか
不思議と探してもないものです。
ヨーロッパに住んでいれば、蚤の市などでこつこつと
集められるのですが...東京ではこうしたものがお手頃に見つかる
場所がありません。
*
たくさん集まったら
こんな風に一つの作品のようにバランスよくまとめて
飾りたいものです。
*
*
*

4/16/2009

4強

今日はサッカーの話題です。
多分、興味のない方がほとんどだとは思うのですが...
すいません、ちょっとだけでも語りたいのです。
*
今朝の2試合でチャンピオンリーグの4強が出揃いました。
やっぱりと言うべきでしょうか、イングランドのチームが3チーム
残りました...
*
金融危機以降の景気後退でイングランドのチームの
先行きを皆が不安視してきたわけですが
そんなことを吹き飛ばす勢いです。
*
マンチェスターを引っ張るのはこの男です。
小細工だけの器用な男だと思われていたのが、今や
世界で最も危険な男になりました。
今回のベスト4を決めたのも、この男のゴール。
ゲームメーカーのスター選手が多い中、ストライカーとして
ここまでの選手は稀有な存在です。
*
次は
セスク・ファブレガスが怪我から復帰して以降調子のいい
アーセナルです。
2月にロンドンで観戦した時とは別のチームになっています。
*
セスクが戻ってからは、あんなに点の取れなかったストライカー陣が
別人のように動いて、点を取りまくっています。
今や無敵のスペイン代表を支える1人ですが、ベンゲルの下で
ここまでの選手に成長してくれたことは期待以上では。
個人的には一番好きなタイプの選手です。
*
*
イングランド勢が3チームを占める中、残ったのが
バルセロナです。
その中心は、もちろんメッシです。
ヨーロッパ(彼は南米ですが)では若い選手が期待以上の出来で
成長して、スーパースターへの道を歩んでいます。
出来れば彼らが勝ちあがって、イングランド勢同士の決勝は
避けて欲しいところです。
多分、大丈夫でしょう。
*
最後は、残ったのはチェルシーですが....
チェルシーは個人的にはあまり好きなチームではありません。
負けてしまったリバープール、残念でした。
やっぱり、ジェラードの欠場があまりに厳しかったのでしょうか。
がっかりのフェルナンド・トーレスです。
それにしても4-4て
イングランドのチーム同士の試合結果のスコアじゃないです。
*
友人のトニー氏もさぞかし残念がっているのでは。
ローマでの決勝戦に行くことになったと嬉しそうに語っていましたが....
*
私もローマに行きたいでーす。
5月27日なら何とかなりそう、でもチケット取れるのかなー。
*
*
*

4/15/2009

未公開フォト1

2月のロンドン出張の時に撮った写真でご紹介していなかった
ものを何点か。
*

撮った本人がロンドンだ、と言わなければ代々木公園で

撮った写真と区別がつかない?
*
それでも本人は頑張って撮ったのです。
*
*
*

4/14/2009

L.A.

今日から(よ)がアメリカ(ロス)出張なので留守番担当です。
晴れ女だと自称するだけあって、今日から東京は雨になりました...
ロスはそれとは関係なく毎日晴れだとは思いますが。
*
出張にカメラを持っていってしまったのでブログは色々なネタで
繋ごうかと思っています。
*

一昔前になりますが、横浜の元町にもお店があった頃
(タワーレコードの上にあったあのお店です)
ロスには買付けで本当によく行きました。アンティークやコレクタブルを扱う
MALLやディーラー、フリーマーケットと南カリフォルニアの
ありとあらゆる場所を訪ねた覚えがあります。
*
多分5~6年中に40回くらいは行ったのでは!
トラックを借りては、ロスから近郊の街を走り回って....
あの頃はほんとにタフで、毎日ほとんど寝ずに梱包と
買い付けを繰り返してました。
*
ロスは気候もいいし、人もおおらかでとても好きな街です。
*
ここ数年はちょっとご無沙汰していますが
機会があれば何度でも行きたい場所のひとつです。
日本やヨーロッパとはまた違った
「楽しく生きること」というのを思い出させてくれる、自分にとっては
特別な場所のひとつです。
*
*
*

4/12/2009

キッチンタオル

アメリカ・カリフォルニアのペーパーシャークスのキッチンタオル
が入荷しました。
*

新作の柄、再入荷の柄、いろいろと入荷です。
*
欠品中は大変ご迷惑をお掛けいたしました。
宜しくお願い致します。
*
*
*

4/11/2009

再入荷!

2月にドイツから入荷して瞬く間に完売した鳥の置物
2種類とも再入荷しました。
*
ストーンバードと名付けられた卵のようなかたちの鳥。
ストーンな理由がわかる重さです。
*
*
と、
セラミックバードと呼ばれている
頭の部分と足の部分が金属製で体がセラミックの鳥です。

前回よりも入荷数は少ないですが...すいません。

*


4/10/2009

ん?

ココ・シャネルの伝記映画「Coco avant Chanel」。
今週、パリでプレミアがありました。
*
この映画の影響なのか、ここ最近のヨーロッパのファッション誌などを
見ていると、アールデコやアールヌーボーといったテーマが
多く取り上げられるようになってきています。
*
CoCo
1910年に最初のブティックを立ち上げた彼女はそんな時代の
最先端の中心にいて活躍した女性です。
おそらく映画でも、当時の雰囲気がいっぱいなのではと思います。
*
*
ということで、フランスの業者さんにオーダーしてみました。
アールヌーボーのデコレーションミラーです。
アンティークではなくリプロダクションされた新品になります。
レジン製でかなりの大きさがあります。
*
こんな雰囲気の物を仕入れているのは多分当店だけでは?
と、自分たちでも微妙な気持ちです。
*
とりあえず映画を見てからとも思いましたが
彼女の事が大好きなこともあって先走っています。
*
*
ココ・シャネル
伝説の人ではありますが、あまりに大きな光とそれ以上の影の
両方の運命の中に生きた女性です。
そんな壮絶な人生がどんな風に描かれているのか....
映画、楽しみです。
*
*
*

4/07/2009

LA

14日から(よ)はLA(ロサンゼルス)に出張です。
今回も一人なので、お店は通常通り営業します。
*
ロサンゼルスとはお伝えしましたが、滞在先は実際はちょっと下の方
サンディエゴの近く、オーシャンサイドという所です。
*
ドラマ『OC』で知られるオレンジカウンティよりも
まだまだサンディエゴ寄りで、サーフィンの街としても
有名なところです。
*
そんな街の様子は、また戻りましたら詳しくお伝えします。
*
LAでは、家具やミラー、シャンデリアなどのインテリア物などを
メインに探してきたいと思っています。
*
*
インテリア物といえば!
*
梅宮アンナさんのブログ『アンナビ』にて先日もグラディスカをご紹介
いただいたのですが、再びご紹介いただいきました。
*
お買い上げいただいたシャンパンゴールドのとてもきれいな
フレームのミラー。
アンナさんのご新居で、周りにもマッチしていてお店にあった時以上に
素敵に見えます!
*
同じものが!というお問い合わせも有りそうなのですが
実は今は在庫が有りません....
大きなサイズのミラーはほとんどが1点づつの取り扱いなのです...
*
5月にはまた似たようなものも含めて仕入れできる予定ですので
入荷しましたらご紹介できると思います。
*
*
*

4/06/2009

点灯

先日ご紹介したシャンデリア、点灯したところの写真です。
*
画像をクリックすると大きな画像で見られます。
*
雰囲気が伝わると良いのですが。
*
*
*

Bonne Chance

Bonne Chance の新作。
フワフワのフェザーのチャームです。
*

こちらでご紹介しているのは、ホワイトとピンクですが、ブルーもあります。
*
*
*